失敗しない税理士を選ぶために

税金のこととなると、個人もですが会社運営をしていると欠かせないのが税理士です。


税理士とは、一時的な短い期間ではなく長期に渡ってお付き合いをすることが多いので、選ぶときには慎重に後から後悔しないように選びたいものです。

よく聞かれる失敗として、仕事をしないわりには報酬が高かったり、友人などの紹介で断れなかったり、会社の事業内容を理解していなかったり、態度が大きかったりまたは、調査報告などが殆どないなどです。


このようなことに当てはまる税理士なら、新しいきちんとした人に変えるべきです。良い税理士を探すポイントには次のようなものがあります。
希望している予算内でしてくれるか、訪問や記帳などきちんとした仕事をしてくれるか、相談しやすいかなどです。

また、変更する場合は、前の人ではしてくれなかったことをしてくれるか、引き継ぎなどがきちんと出来るかです。


他にも、会計ソフトなどの指導サポートや、会社設立なら設立に関しての手続きなどをしてくれるかなどもポイントになります。

探す方法では、電話やインターネットなどを検索して探したり、または友人などからの紹介、そして、紹介サービスを利用することも出来ます。それぞれ、メリットとデメリットがありますが、一番お勧めなのは紹介サービスです。こちらでは、全国対応をしていて、依頼した時の費用の見積りも最大一括で5人の方まで出すことが出来ます。

また、検索サービスも充実していて口コミなどもあるので、参考にすることも出来ます。

どちらも、無料で使用出来るので活用してみて下さい。税理士の仕事内容の1つが、コンサルティングを行うことです。主に税金に関する代行などを行うのがこの職業の方々の仕事内容なのですが、それ以外に様々な財務のコンサルティングを行っているケースなども多いです。財務のコンサルティングの内容の1つは、例えば様々な財務に関するものです。


経営者の方々というのは、色々な表などを見なければなりません。


表というのは、例えば賃借対照表です。


経営者の方々は現在の会社がどのような資本があって、負債はどうなっているのかを見なければなりません。

その際に賃借対照表を用います。
その表の読み方などのコンサルティングなどを行っているのです。


それと損益計算表です。

現在の会社の営業利益などの様々な情報も、経営者の方々は見なければなりません。
なぜならその数字によって、会社が現在赤字なのかそれとも黒字なのかが判明するからです。

しかしそれも表の見方が分からなければ、判明しません。その損益計算書の見方に対するコンサルティングなども、税理士の仕事内容なのです。他にも、キャッシュフロー計算書と呼ばれる書面があります。


自社でどのようなお金の流れが発生しているのかも見なければなりません。自社では実際にどのような営業活動が行われているのかといった点や、資金の調達などに関する色々な情報がキャッシュフロー計算表に書かれています。

経営者はキャッシュフロー計算書の読み方も分からなければなりませんので、税理士の方が相談などを行っている訳です。
以上の3つの表の読み方などに関するコンサルティングが、税理士の仕事内容の1つという訳です。

埼玉の保険ならこちらが人気です。









http://girlschannel.net/topics/347023/

https://m3q.jp/t/4830?page=2

http://okwave.jp/qa/q7487154.html

関連リンク

税理士の気になる年収

税理士になる難易度はレベル10中レベル8と言われていて、難関上位に属します。専門的な知識がかなり必要になり、試験の難易度が高いのでそれ相当に準備が必要です。...

more

税理士の業務である税務代理と相談諮問

税理士の業務には税務代理と相談、諮問があります。税務代理税務代理は、税務署に税金を実際に申告、納付するときに必要な書面手続きを言います。...

more